オフィス移転の流れ

STEP1 移転の6ヶ月前

point 移転の目的を明確化

①業務拡大のため、広いオフィスに移転したい
②事務所の固定費を抑制したい
③立地の良いオフィスに移転したい
④現オフィスの建物設備に不満がある(セキュリティー面・耐震面など)
⑤営業拠点を新たに増やしたいなどの移転の目的を明確化することで新しいオフィスに求める条件や優先順位の設定でき、ご希望のオフィス移転につながります。

point 現オフィスの契約内容の確認

現在契約中のオフィスの契約内容を確認し、解約予告の期間、保証金・敷金等の返還時期、原状回復工事費用等の確認をします。特に解約予告については3ヶ月から6ヶ月前に解約予告する必要ですので注意してください。

STEP2 オフィス探し

point物件の情報入手と物件の見学

移転の目的と新しいオフィスのに求める条件や優先順位を正確に不動産会社へ伝え、より多くの物件を入手します入手した物件から良さそうな物件は必ず実際の物件を見学し、オフィスの設備、環境等を確認します。

STEP3 オフィスの移転先決定、契約締結

point 初期費用の確認

敷金・保証金、前払賃料、共益費、仲介手数料、火災保険料等詳細を確認します。

point契約時に必要な書類の準備

一般的に法人の場合、履歴事項証明書、印鑑証明書、決算書、会社案内(経歴書)に加え、連帯保証人が必要な場合は、連帯保証人の印鑑証明書、収入証明などが必要になります。

point オフィスの設備の確認

フロアの利用時間の制限、エレベーター、空調設備の利用時間の制限内容を確認します。電気工事や内装工事については貸主の指定業者になる場合もありますので確認が必要です。

STEP4 オフィスのレイアウト

新オフィス決定後、具体的なレイアウトプランを決めていきます。
ヒヤリング等で事務スペース、会議室、応接室等のゾーニングしていきます。
レイアウトに合わせ電話、LAN、電源等の配線等の工事が必要になる場合がございます。

有限会社アップライズはアスクル販売代理店ですので、お手伝い致します!

STEP5 オフィス移転に伴う各種手続

①電話・インターネット回線の移転手続き
②諸官庁への移転手続き
③郵便物等の転送手続き
④社内印刷物(封筒、名刺、会社案内等)の作成
⑤取引先への連絡
⑥挨拶状の手配
などの手続きが必要になりますのでご確認ください。

STEP6 引越し、移転完了

point引越し

スムーズな引越しのために引越しのスケジュール、役割分担、注意事項等を周知すること、特
にダンボール等の荷物にラベル添付することが大切です。

point 旧オフィスの契約完了

 一般的に原状回復工事完了までの賃料が発生します。 オフィスの明渡時に鍵の返還や保証金・
敷金等の返還などもチェックします。

お問い合わせはこちら